インフォメーション

トップページ > インフォメーション, エーライフ 公式ブログ > インフルエンザを食べ物で予防しよう!

インフルエンザを食べ物で予防しよう!

こんにちわ!

エーライフ訪問看護ステーションです。

 

今回はインフルエンザを「食べ物」で予防しよう!

をテーマにしてみました。

手洗いうがいだけでなく、食べ物でも予防できるといいですよね。

普段の食事を見直しウイルスに強い体にすることも大切です。

意識して毎日の食事で摂取することでより効果的になるでしょう。

 

 

 

≪ 予防効果が高いとされる食材 ≫

 

・生姜

抗ウイルス性物質の分泌を促進させる働きがあります。

生姜焼き等に料理すると摂取しやすくなります。

 

生姜焼き

 

・発酵食品

ヨーグルトや納豆ですね。

とくに納豆は抗菌作用が強く、O-157等の予防にもなるといわれています。

ヨーグルトは、乳酸菌が入っており、免疫細胞を活性化させるので免疫力アップになります。

 

納豆

 

・ネバネバする食材

ネバネバになる成分は「ムチン」といい、人の粘膜の中に含まれる成分の1つです。

オクラや山芋に多く含まれていて、気管、消化管、目等をウイルス等の外敵から守ってくれます。

 

オウラ

 

・柑橘系の果物

グレープフルーツやミカンなどですね。

柑橘系の果物にはビタミンCが多く含まれています。

1日に500mgのビタミンCを摂取することで、インフルエンザ等の風邪にかかるリスクが下がるとされています。

 

グレープフルーツ

 

 

一般的にビタミンCは体に良いと知られていますが、

ビタミンDにも予防効果があります。

ビタミンDは別名「太陽のビタミン」と呼ばれ、

太陽の光を浴びることで生成されますが、食材からも摂取することができます。

特に、魚類、きのこ類から摂取することが可能です。

例えば、魚類だとイワシ、きのこ類だとキクラゲや干しシイタケ等です。

 

イワシ

干ししいたけ

 

 

また、チョコレートにも予防効果があることをご存知ですか?

チョコレートやココアに含まれるポリフェノールには、

冷え性、便秘、睡眠障害等に効果があることは有名ですが、

インフルエンザの感染抑制効果もあるそうです。

しかし、糖分が多く含まれているので食べ過ぎには注意です。

 

チョコレート

 

 

 

いろいろな食材を紹介しましたが、

やはり、バランスの良い食事をとることが重要です。

栄養をバランスよくとれる食事を心がけ、生活してみましょう!

バランスの良い食事をし、しっかり睡眠をとり、太陽の光を浴び、

日ごろから運動することが予防へと繋がりますので、意識してみてください!

 

 

エーライフ訪問看護ステーション
〒536-0014
大阪府大阪市城東区鴫野西4-1-33 Welfare大阪京橋ビル3F
TEL:06-6961-0015
FAX:06-6961-3557

 

ページの先頭へ

プライバシーマーク

運営:株式会社エースタイル
〒536-0014 大阪府大阪市城東区鴫野西4-1-33 Welfare大阪京橋ビル
TEL.06-6961-3555 FAX.06-6961-3557
URL.http://www.a-style55.co.jp/